アメ横のカニはおすすめ? /どこで買うとお得?タラバガニの相場は?

アメ横 カニ /アメ横のカニってどうなの?

アメ横というと、だみ声のおっちゃんが「カニ安いよ~、負けておくよ」とか声をかけてきて、本当に1,000円とか安くしてくれてさらに安く買うことができてしまうのが魅力。

さらに、「もうひとつカニつけちゃうよ!」、「大トロまぐろもおまけにしちゃう!」とか、驚くようなおまけをつけてくれるので思わず買ってしまおうかとなってしまいますよね。

しかしながら、地元の人はアメ横はでカニやマグロをあまり買わないです。

その理由は、失敗も多いからです。

アメ横のカニの品質

アメ横のカニの品質は全体的に良くないです。

その理由は、数年前に水揚げされて冷凍されたカニを販売しているお店がそれなりに多いことが考えられます。

数年前に解凍されて売れ残ったものをさらに冷凍して、、、といった感じのものになると旨味がなくなって身がカスカスになります。

見た目は殻に入っていて立派なのに、茹でたり焼いてみると全く甘味のないカスカスなカニというのはほとんどがそのようなものが多いですよ。

もちろん、アメ横でもそれなりの価格がするカニならそういったことはないと思いますが、やたら安いものには理由があるわけで、そういったカニは売れ残ったカニであることが多いです。

アメ横のカニは総じて安くて量が多いのは事実ですが、品質が劣悪なカニも多く混じっているのは理解しておく必要があります。

アメ横のカニの相場が安い理由

アメ横を歩いているとわかりますが、カニを売っているお店を覗くと一般的な相場という感じなのですが、実はこの価格は全くあてになりません。

なぜなら店員さんが簡単に半額以下に値下げするからです。

  • ズワイガニ(1キロ):5000円~15000円
  • タラバ蟹(1キロ):7000円~16000円
  • 毛ガニ(1キロ):8000円~10000円

もちろん、年末になるとカニは最も高くなりますが、一般的なカニの相場よりも、最終価格があまりにも安いものというのはそれなりの理由があります。

実はアメ横には独自の販売ルートがあり、セリに出せないセリ外の品物を築地や豊洲で大量に仕入れて年末に叩き売っているということが多いです。

そのためカニを安く買うことができるわけですが、その分当たり外れがどうしても出てきます。

さらに、数年前に冷凍したスカスカのカニが混じっていたり、混沌としています。

このように、一般市場では取り扱われていない質の悪いカニを販売するのを許される土壌がある事が、アメ横のカニが安い1番の理由なのですが、質が悪いだけでなく、品種を偽って安く販売している場合もあります。

安いタラバガニは偽物のアブラガニ

アメ横の聞いた事がない名前のお店で売っている安いタラバは十中八九アブラガニという偽物です。

味はイマイチなのに3500円と微妙な高さになっており、タラバと嘘をついて蟹を売っているので全ての物に信用が無いし北海道産というのも嘘。

見分け方としては足先の裏まで赤いものがタラバで、足先の裏が白いものはアブラカニですが、パッと見た感じはほとんど変わらないので、素人にはまず判別ができません。

「タラバ蟹がこんな価格なんて!」って飛びついて後で後悔する事も多いです。

両者のカニの味の違いはそこまでなく、タラバの方が甘さはあるかなといった程度なのですが、実際にアメ横のカニを食べてみると、身がスカスカなものが多いです。

もちろん、アメ横のカニの全てがそうではないですが、一度失敗すると人はもう買いたいとは思わないので、アメ横のカニはあまり評判がよろしくないのが実情です。

これをタラバとして売るのは駄目なんですが、知らない人が多いのでよく騙されます。

安いズワイガニはトゲズワイガニ

アメ横の激安のズワイガニは、ズワイガニの中でも特にグレードが低いトゲズワイガニである場合がほとんどで、市場で安く取引されるカニです。

根本的に足が小さいので身の入りが袋越しでも大体分かる商品なので、チェックして買えば素人でも見分けがつきます。

とはいっても、身はスカスカではなく、イトーヨカドーで売ってた激安のカニより断然アメ横のトゲズワイガニの方が美味しかったりしますのでそんなに悪いカニではありません。

ただ、何処から仕入れているのかめちゃくちゃ不安になりますが。

アメ横 カニ /年末のアメ横でカニを買うコツ

  • 創業が古い有名店はハズレが少ない
  • 18時~19時は掘り出し物を狙える
  • 1つの店でまとめ買いすると安く済む
  • カニの値段に横線がはいってるのはもっと値下がる意味を指す
  • 五千円札や千円札を用意

まず、アメ横でカニを買う場合は知らないお店で買うのはやめましょう。

創業してから半世紀くらい潰れずに続けている有名店は、当然信頼性が高くハズレが少ないです。

ただ、そういったお店は人気があるので年末は特に混雑します。

混雑が少なくなり始める18時頃からは、閉店間際の売り切り希望から値引き交渉やおまけのサービスチャンスが高まります。

また、特に最近のアメ横では、まとめ買いすると値引きやおまけを付けるという商法が強くなっており、バラバラなお店でカニを買うより1店集中で買ったほうがお得なことが多くなります。

それと、アメ横の商品で値札に横線が書かれているものは全て「それ以上さがる」の意味をさすので、定員さんに「いくらまでこれ下がるんですか?」と絶対に聞いたほうが良いです。

年末のアメ横では、1,000円刻みの価格設定が多くなりますので、五千円札や千円札を多く用意しておくと、お店の方も喜びますし、値切った後にスムーズに買い物する事ができます。

年末のアメ横は混雑対策も必要

年末年始やクリスマスなどの食材、特にカニなどの調達にアメ横に出かける方が多く、関東一円はもちろん色んな所からアメ横に集まってきますので混雑もひどくなります。

人の混み方によっては、一方通行の規制が行われることがありますので、あそこの店を見て、こっちの店を見て、こっちの店が良くなかったのであそこの店に戻ろうなどが簡単に行かなくなります。

特にカニを売っている店が集中するセンタービル付近はかなり混みます。

年末にアメ横が混雑するピークは、12月28日~31日となっており、1日におよそ30万~50万人以上のお客さんがきますので、できれば12月27日までに行く事をおすすめします。

また、1日のうちで比較的混雑しないのは、午前中です。

一般的にお見生の営業開始は9時~10時位ですが、年末には朝早くから営業するところもありますので、カニのお店の情報を事前に確認してから行くようにしましょう。

アメ横 カニ /カニを購入できる人気店(アメ横センタービル地下食品街)

所在地 東京都台東区上野4-7-8
営業時間 9:00~20:00 ※店舗によって異なる
交通アクセス JR上野駅 中央改札出口、御徒町駅 北口より徒歩すぐ、東京メトロ上野駅5B出入口、仲御徒町駅・上野広小路駅A2/A5/A7出入口より徒歩すぐ。都営地下鉄上野御徒町駅A7出入口より徒歩すぐ

アメ横センタービルは、ほぼアメ横の中心部にある昭和50年代のビルです。

多くのカニを売る店が入っており、このビルのお店をまわるだけで欲しい種類のカニに出会えます。

歴史のあるお店が多いので、ハズレのカニはかなり少ないです。

野田幸

TEL 03-3835-9691
営業時間 10:00~19:00
定休日 毎月第三水曜、お盆、正月三が日

上海蟹を販売しているのが最大の特徴のお店です。

外来生物法により、活上海蟹活きた上海蟹は飲食店の営業許可証を見せないと売ってもらえませんが、一般客でも活〆急速冷凍の状態で購入できます。

上海蟹の名産地、中国の太湖から週に2日ほど、新鮮で元気な上海蟹を取り寄せ、同社のマイナス50℃の冷凍機で急速冷凍しています。

9月中旬~2月中旬のみの販売ですが、中々買えない上海蟹を買えるお店なのでチェックしておきましょう。

鮮魚アライ

TEL 03-3833-7905
営業時間 9:00~18:45
定休日 毎月第三水曜

アメ横に店をかまえて全部で4店舗、アメ横センタービル内には、1階と地下1階に出店しています。

アメ横センタービル地下1階には、中国語に対応できる店舗もあります。

カニだけでなくエビの販売にも力を入れており、エビの種類だけでも車エビや赤エビ、バナメイエビなど10種類以上あります。

石山商店

TEL 03-3833-6668
営業時間 9:00~18:30、5:00~20:00
定休日 1月1~4日

昭和42年に開業して、アメ横で半世紀以上カニや魚介を扱っているのが石山商店です。

その品質の、買いやすいお値段から、多くの消費者に愛され、開業から半世紀以上たった今、アメヤ横丁を代表するお店になりました。

カニは、タラバガニやズワイガニをメインに、ブルーキングクラブ(アブラガニ)、毛ガニなどを売っています。

例えば8000円のタラバガニが3500円になるなど、交渉次第で半値以下になることも多い人気店です。

JR上野駅不忍口から向かってアメ横に入った角の目立つ場所に本店があり、テレビなどのマスメディアでも多く紹介されています。

オンラインストアも開設しており、ネットからカニを注文することもできます。

石山商店のおすすめのカニ

商品名 毛ガニ 特特大 900g ~1㎏
産地 オホーツク産
商品番号 KEGANI2020-1KG
通常価格 7,000円 (税込)

商品名 北洋産タラバガニ7L 特大一片 900g
※お届けは脚部のみ袋詰め、頭部は含まれません。
産地 北海道
商品番号 tarabaL900
通常価格 7,000円 (税込)

カネ上三幸商店 第二

TEL 03-3831-2394
営業時間 9:00~18:50
定休日 1月1~4日

昭和20年、1945年から三代も続く海産物産販売店で、現在は界隈に2店舗を展開。

北海道産の魚介を中心にタラバガニなどを販売しており、タラバガニではアメ横で売上No.1の店です。

年末は毛ガニやタラバガニ、ズワイガニのほか、新巻鮭やカズノコなどを豊富に取り扱っています。

コウキ物産

TEL 03-5818-2283
営業時間 10:00~20:00
定休日 第三水曜日

アメ横センタービルの地下1階にあるお店。

鮮魚と肉類を販売しています。

鮮魚と肉類を取り扱っており、カニの他にエビとクラゲがおすすめ商品です。

モットーはお客さまが至上で品質保証で、サービス精神旺盛なお店です。

丸茂商店

お問い合わせ contact@ameyokomarumo.com
営業時間 10:00~18:30
定休日 第三水曜日 1月1日~4日

上野アメ横で創業72年の老舗です。

店の入り口の鮭の看板は35年以上使用しており、丸茂商店のトレードマークです。

オンラインストアも開設しており、ネットで商品を取り寄せることもできます。

カニの他に正月用品、贈答品、お歳暮も対応しています。

丸茂商店のおすすめのカニ

商品名 タラバガニシュリンク 6L
重さ 1.2kg前後
通常価格 8,000円 (税込)

アメ横 カニ /カニを購入できる人気店(アメ横センタービル以外)

カネ上三幸商店

住所 東京都台東区上野6-10-4
お問い合わせ 03-3831-2394
営業時間 9:00~18:50
定休日 1月1日~4日

アメ横という名称の名付け親のお店。

極太タラバガニはアメ横で売上No.1を誇ります。

アメ横センタービルにも店舗が入っており、オンラインストアで購入する事もできます。

俵物産

住所 東京都台東区上野4-6-12
お問い合わせ 03-3831-0770
営業時間 10:00~20:00
定休日 年中無休

アメ横で60年営業しています。

摩利支天 徳大寺の真下にある食品街にお店を構えています。

2014年12月27日(土】テレビ東京放送の「アメ横開運商店街」でも紹介されました。

関連記事:間違いないカニ通販! /美味しい蟹お取り寄せおすすめランキング!【人気ショップ】